中国石油化工:7-9月純利益、予想下回る-景気減速が需要抑制

アジア最大の製油会社、中国 石油化工(Sinopec)の7-9月(第3四半期)決算は、純利 益が前年同期比で3%増えたものの、景気減速でガソリンやディーゼ ル油の需要の伸びが抑制され、アナリスト予想を下回った。

上海証券取引所への27日の届け出によると、純利益は202億 元(約2405億円、1株当たり0.226元)となった。前年同期は 196億3000万元(同0.224元)。ブルームバーグ・ニュースが まとめたアナリスト6人の予想中央値は208億元だった。

中国国家統計局によると、同国の7-9月期の経済成長率は

9.1%となった。中国国家発展改革委員会(発改委)は17日、同四 半期の純輸入と国内生産分で算出される燃料需要が前年同期比3.2% 増の6210万トンになったと発表。4-6月(第2四半期)の伸び率 は5%だった。