グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が5営業日続伸し、7週間 ぶり高値で引けた。欧州首脳がギリシャ債の損失負担について合意に 達したほか、中国が金融政策を緩和するとの観測が手掛かりとなった。

売り上げの79%を欧州で稼ぐ衣料小売りのエスプリ・ホールデ ィングス(330 HK)は6.8%高。米ウォルマート・ストアーズなど の小売企業に玩具や衣料品を納入する香港のリー・アンド・フォン (利豊、494 HK)は5.7%上昇。9月の米耐久財受注額が輸送用機 器を除いたベースで半年ぶりの大幅増となったことから買われた。

中国工商銀行(1398 HK)など中国本土の大手銀行株も高い。 政府が景気てこ入れのため金融政策を緩和するとの観測が広がった。 中国建設省傘下の不動産会社、中国海外発展(688 HK)やアルミニ ウム生産で中国最大手のチャルコ(中国アルミ、2600 HK)の値上 がりも目立った。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏 (香港在勤)は「投資家心理は一段とプラス方向にシフトしつつある」 と指摘。「中国の金融緩和観測が香港株に短期的な勢いをもたらして いる」と分析した。

ハンセン指数は前日比622.16ポイント(3.3%)高の

19688.70と、9月9日以来の高値で終了。構成46銘柄中、値下が りは6銘柄だけだった。ハンセン中国企業株(H株)指数は同5.1% 高の10565.76。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は4営業日続伸。政府が景気て こ入れのため金融政策を緩和するとの観測が広がったほか、欧州首脳 らがギリシャ債保有者の損失負担を50%とすることなどで合意した ことが好感された。

中国工商銀行(601398 CH)や中国農業銀行(601288 CH) などの銀行株が高い。国泰君安証券とみずほ証券アジア、バークレイ ズは中国が年末までに銀行の預金準備率を引き下げる可能性があると の見方を示した。中国の航空会社、中国東方航空(600115 CH)と 港湾サービスの上海国際港務(集団、600018 CH)も上昇。政府が サービス業を対象に付加価値税の引き下げを示唆したことが手掛かり。

一方、ソフトウエアの用友軟件(UFIDAソフトウエア、 600588 CH)は10%下落。他のハイテク株も軟調だった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比8.13ポイント(0.3%)高の

2435.61で終了。4営業日で5.1%上昇した。上海、深圳両証取の A株に連動しているCSI300指数は同0.2%高の2657.48。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は、「温家宝首相 の発言で、政策が今後引き締められる可能性はなくなった」と指摘。 「インフレは転換点に達している。こうした全ての要因が、現在は極 めて低水準にあるバリュエーション(株価評価)の上昇につながるだ ろう」と述べた。

【インド株式市況】

27日のインド株式市場はヒンズー教の祝日のため休場。取引は 28日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比105.7ポイント(2.5%)高の

4348.2。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比27.73ポイント(1.5%)高の

1922.04。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比29.39ポイント(0.4%)高の7565.21。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前営業日比77.63ポイント(2.8%)高の

2847.57。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前営業日比13.13 ポイント(0.9%)高の1470.93。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比21.49ポイント(2.3%)高の960.17。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比74.40ポイント(2%)高の

3813.00。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比42.74ポイント(1%)高の

4267.50。