日本政府:欧州の救済基金拡大に協力する方針-関係者

日本政府はユーロ圏の首脳ら が合意した域内救済基金の拡大に協力する方針で、欧州当局者からプ ログラムの詳細を伝えられるのを待っていると、事情に詳しい関係者 が述べた。

また別の関係者によると、日本当局は支援の具体的な方法が11 月に明確になると考えている。関係者らは匿名を条件に語った。

欧州当局者は欧州金融安定ファシリティー(EFSF)を新発債 の保証や公的および民間の金融機関や投資家から資金を集めるための 特別投資事業体の設立に活用する計画を11月に策定するとしている。

EFSFは従来の枠組みの中で今年1-6月(上期)に5年債と 10年債を発行。1月の第1回債では日本政府が20%以上を購入した。