中国工商銀7-9月:28%増益、与信拡大と手数料収入増が寄与

時価総額で世界最大の銀行、 中国工商銀行の7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比28%の 増益となった。与信拡大と手数料収入の増加が寄与した。

同行の27日発表によると、純利益は544億元(約6480億円、 1株当たり0.15元)と、前年同期の426億元(同0.12元)から 増加。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト8人を対象とした調査 の中央値では537億元が見込まれていた。

純金利収入は18%増の926億元、手数料収入は39%増え245 億元となった。