欧州ソブリン債保証コストが急低下-債務危機対応での首脳合意を好感

27日のクレジット・デフォ ルト・スワップ(CDS)市場では、欧州のソブリン債を保証するコ ストが急低下し、2カ月ぶりの低水準となった。欧州の首脳らが域内 債務危機解決を目指し救済基金の実質拡大計画で合意したことを好感 した。

西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドから成るマークイット iTraxx・SovX西欧指数はロンドン時間午前9時現在、19 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の314.5bpと、 9月2日以来の低水準。低下の幅は7月22日以来で最大。

首脳らは救済基金の実質1兆ユーロへの拡大や銀行の資本増強、 イタリアが債務削減の取り組みを強化することなどで合意。ギリシャ 債で銀行が50%の損失を受け入れる同意も取り付けた。

ニューエッジ・グループ(ロンドン)の債券アナリスト、アナリ サ・ピアッツァ氏は「ギリシャ債のヘアカット(債務減免)で合意が できないとの26日の観測があっただけに、合意はプラスに受け止め られた」として、「一部詳細は欠けているものの、目先の主なリスク に対応した広範な一連の措置を市場は好感したようだ」と語った。

欧州の銀行・保険25社の優先債に連動するマークイットiTr axx金融指数も19.5bp低下し222bp。劣後債の指数も31b p低下の438bp。

-Editor: Paul Armstrong

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: David Goodman in London at +44-20-7392-0717 or dgoodman28@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Armstrong at +44-20-7330-7185 or Parmstrong10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE