ユーロ圏:10月景況感94.8に低下、2年ぶり低水準-危機反映

欧州では10月の景況感が約 2年ぶりの低水準に落ち込んだ。域内の経済危機が深刻化し、各国首 脳が悪化しつつある債務危機の封じ込めで苦慮していることを反映し た。

欧州連合(EU)の欧州委員会が27日発表した10月のユーロ 圏景況感指数(速報値)は94.8と、9月の95.0から低下し、 2009年12月以来の最低を記録した。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト27人の調査では、中央値で93.8が予想さ れていた。

デカバンクのエコノミスト、アンドレアス・ショイアレ氏(フ ランクフルト在勤)は「この四半期は経済活動の著しい減速が見られ ることから、景気が縮小する公算が大きい」と述べ、「先行き不透明 感に見舞われている企業と消費者は一段と慎重になる傾向がある。リ セッション(景気後退)を語る風潮が勢いを増している」と語った。

10月のユーロ圏製造業景況感指数はマイナス6.6と前月のマ イナス5.9から悪化。サービス業はゼロから0.2に上昇した。

欧州委が同時に発表した10月の消費者信頼感指数改定値はマイ ナス19.9で、速報値と変わらず。9月はマイナス19.1だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE