安住財務相:一方的な為替の動きを懸念、さまざまな手段で対応

安住淳財務相は27日午後の参院 財政金融委員会で、足元の円高水準について「最近の為替相場において 一方的に偏った相場の動きがさらに強まっていることを懸念している。 とりわけ、21日夜以降には短期間に急激な変動が生じる局面がある」 と述べた。

その上で、「投機的な動きに対し必要があれば、あらゆる措置を排 除せず、断固たる措置を取る。さまざまな手段を使って対応したい」と 語り、為替介入を辞さない姿勢をあらためて示した。川上義博氏(民 主)に対する答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE