安住財務相:必要なら為替介入辞さず-今の水準では輸出産業報われず

安住淳財務相は27日午後、参院財政 金融委員会で、外国為替相場に関して、国益のため必要があれば介入も 辞さないと述べた。輸出産業の設定レートでは今の水準では努力が報わ れないとも語った。併せて、外貨準備がどこまで大きくなってもよいと 思っていないとも話した。