野村アセットがSNS関連投信をあす設定へ、日本株市場で話題視も

野村アセットマネジメントは28 日、世界のソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)関連株を 対象とする追加型の株式投資信託「野村SNS関連株投資」を新規設 定し、運用を開始する。日本の関連企業も組み入れ対象になっており、 同日の相場で話題視される可能性が市場参加者の間で指摘されている。

同投信は、為替ヘッジありの「Aコース」と、為替ヘッジなしの 「Bコース」があり、当初の設定上限額は各2000億円。新興国を含む 世界各国のSNS関連株を運用対象とする。当初の申込期間は10月 19日から27日だった。

水戸証券の吉井豊投資情報部長は、今回の投信設定が公表された 時点で「市場で話題になっていた」と指摘。前もってスケジュールと して分かっているため、関連銘柄の株価には「ある程度織り込まれて いるが、あすはあらためてSNS関連株が買いを集める可能性もある」 と話していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE