グリーンスパン氏:より長期のリスクに異例の嫌悪が米景気拡大阻害

グリーンスパン前米連邦準備制度理 事会(FRB)議長はリスクを取ることに大きなためらいがあり、米景 気拡大を阻害しているとの見解を明らかにした。

同氏は「根本的な問題は」住宅建設を中心に「より長期のリスクを 取ることに異例の嫌悪感があることだ」と指摘。自宅を購入せずに賃貸 を選ぶ家計の割合がリスクへの嫌悪を示していると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE