安住財務相:為替の柔軟性を中国に求める認識は共有-G20

安住淳財務相は27日午前の参院 財政金融委員会で、中国人民元の切り上げ問題について、20カ国・地 域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では「為替に柔軟性を中国に求 める認識は共有している」としながらも、「中国側には中国側の言い分 がある。共通のコンセンサスをまだ得られている段階ではない」と語 った。佐藤ゆかり氏(自民)に対する答弁。

一方、最高値更新の続く円相場については「円高は厳しいが、一 方で、海外に貢献し、富を蓄えるチャンスでもある」と指摘。「アジア は堅調に人口も増え続けている。経済成長は十分ある。そういうとこ ろへの積極的な進出を政府としても後押ししたい」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE