日本株は3日ぶり反発、欧州包括策合意を好感-金融や輸出関連主導

東京株式相場は3日ぶりに反発し、 主要株価指数は1カ月ぶりの上昇率となった。欧州連合(EU)が債 務危機封じ込めの包括策で合意し、債務・金融システム問題への懸念 が後退した。銀行や証券、保険など金融株が東証1部33業種の上昇率 上位に並び、為替のユーロ堅調や米国景気の改善期待も後押しし、電 機など輸出関連、商社株も高い。

TOPIXの終値は前日比16.31ポイント(2.2%)高の762.79 で、9月16日以来の高値。日経平均株価は178円7銭(2%)高の 8926円54銭ときょうの高値で引け、9月2日以来の高水準となった。

三菱UFJ投信の関口研二戦略運用部長は、「包括策の内容は期待 値の範囲。資本強化はアジェンダが出て、後は実行の問題で、ヘアカ ット(債務減免)や救済基金拡大も実現への道のりには課題もある」 と指摘。きょうに関しては、「とりあえず問題解決へのスタート地点に 立ったという市場の反応だ」と話していた。

EU首脳らは26日、域内銀行に対し、保有ソブリン債の評価を引 き下げた上で、2012年6月30日までに中核的自己資本比率を最低9% とするよう求めることで合意。さらに、東京時間27日午前には、ギリ シャ債の50%損失負担や欧州金融安定化基金(EFSF)の実質拡大 について、レバレッジ(てこ)を効かせて規模を現在に比べ最大5倍 の1兆4000億ドル(約106兆円)にすることでも合意した。

一連の欧州の動きを受け、ユーロは対ドルや対円で上昇。さらに シカゴ24時間電子取引システム(GLOBEX)の米S&P500種指 数先物は、合意内容の詳細が伝えられると、東京時間午後にかけてじ り高となり、海外株高期待も加わった日本株は一段高となった。

「事前から指摘されていた資本増強、ヘアカット、救済基金拡大 の3点で合意できたことは評価できる」と、マネックス証券の村上尚 己チーフエコノミスト。市場では、50%のヘアカットすら合意できず、 救済基金の規模が3-4倍程度にとどまるリスクを感じていた向きも あるとし、「過度の悲観が後退した」と言う。

金融上げ目立つ、米景気期待は輸出株支援

幅広い業種が買われる中、業種別では証券・商品先物、保険、銀 行、その他金融株が業種別上昇率の上位を占めた。金融システム不安 による世界的な金融株安傾向に歯止めがかかると期待され、三菱UF Jフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループの上 昇率はともに5%超。野村ホールディングスが7.7%高、オリックス は3.5%高、東京海上ホールディングスは6.9%高となった。

米国景気に対する期待感も、輸出関連を中心としたきょうの日本 株の押し上げ要因になった。きのう発表された9月の米耐久財受注額 は、輸送用機器を除く受注額が前月比で1.7%増加し、6カ月ぶりの 大幅増を記録。9月の新築一戸建て住宅販売も、市場予想をやや上回 る増加だった。

今回の欧州銀行の資本強化策は、方法次第では貸し渋りを招き、 景気に悪影響を与える可能性もあるが、いちよし投資顧問の秋野充成 運用部長は「資本強化に伴う欧州の景況感悪化は既に先に株価に織り 込んでいる」と指摘。米景気の堅調と欧州問題への悲観後退、さらに 中国の金融引き締め政策の転換期待も底流にあり、輸出のほか商社、 海運といった海外景気に敏感な業種も高い。

東証1部の売買高は概算で18億533万株、売買代金は同1兆1179 億円。代金はきのうまで8営業日連続で1兆円を下回り、1兆円割れ の連続記録は約7年9カ月ぶりの長期に及んでいたが、きょうは9日 ぶりに大台を上回った。値上がり銘柄数は1283、値下がり291。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE