債券下落、日銀会合結果受け午後一段安-欧州懸念緩和で株高・米債安

債券相場は下落。欧州債務問題に 対する懸念の緩和で株高・債券安となった米国市場の流れを引き継い で売りが先行した。日本銀行がきょうの金融政策決定会合で資産買い 入れ等基金の増額を決めたが、一部で期待されていた国債残存期間の 長期化が見送りになったことで午後に相場は一段安となった。

バークレイズ・キャピタル証券の森田長太郎チーフストラテジス トは、「日銀緩和策として市場では買い入れ等基金の5兆円増額との見 方が有力だったので、今回の決定はおおむね予想の範囲内」とみる。 ただ、「買い入れ国債の残存年限長期化といったオプションを期待した 向きには失望感もあり、結果的に先物や中期ゾーンに売りが出たので はないか」とも話した。

東京先物市場で中心限月12月物は、前日比横ばいの142円66銭 で始まり、142円58銭まで下落。その後、買いが増えると3週間ぶり 高値となる142円70銭を付けたが、午前終了にかけて水準を切り下げ た。午後に入って日銀会合結果の発表後にいったん142円70銭を付け るが、直後から売りが増えて142円49銭まで下落。結局は14銭安い 142円52銭で引けた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の318回債利回 りは、前日比1ベーシスポイント(bp)高い0.995%で始まり、その後 は0.99-0.995%で推移。午後2時過ぎから水準を切り上げ、前日比

2.5ベーシスポイント(bp)高い1.01%と2日ぶり水準まで上昇した。 5年物の99回債利回りは1bp高い0.355%。一方、2年物の310回債 利回りは0.14%と、前日入札後の0.145%からやや低下している。

日銀、追加緩和決定

日銀は27日、同日開いた金融政策決定会合で、資産買い入れ等基 金を「50兆円」から「55兆円」に拡大することを8対1の賛成多数で 決定したと発表。反対は宮尾龍蔵審議委員で同委員は60兆円への増額 を提案したが、反対多数で否決。政策金利は0-0.1%に据え置いた。

SMBC日興証券の岩下真理チーフマーケットエコノミストは、 日銀が国債買い入れ年限の長期化を見送ったことに「債券市場はやや 失望」と指摘。「事前報道から長期化を期待していた参加者は、2年以 内の国債を増やしても影響は限られるとみたのではないか」と分析。

こうした中、日銀はこの日午後、半年に1度の経済・物価情勢の 展望(展望リポート)を公表した。2012年度の見通し(委員の中央値) は、実質国内総生産(GDP)成長率が海外経済の減速などから7月 の中間評価時点のプラス2.9%からプラス2.2%に下方修正。消費者物 価指数(除く生鮮食品、コアCPI)前年比は基準改定の影響でプラ ス0.7%からプラス0.1%に下方修正された。

欧州危機打開の包括策で合意

欧州各国は26日から開いた首脳会議で債務危機封じ込めに向け た包括策で合意した。対策を強化するように求める世界からの圧力に 対応し、ギリシャ債務の民間投資家の損失負担を50%とし、救済基金 の実質的な融資能力を1兆ユーロ(約106兆円)に拡充するほか、銀 行の資本増強を決めた。

バークレイズ・キャピタル証の森田氏は「EU首脳会議は債務問 題に関して大枠で前進した。引き続き不透明感も残っているが、もと もと過度に悲観的だった部分には修正が入ったようだ」と話した。

朝方の国内債市場では、EU首脳会議が銀行資本増強で合意に達 し、米国市場で株高・債券安となった流れを引き継いで売りが先行し た。大和住銀投信投資顧問の伊藤一弥国内債券運用第2グループリー ダーは、前日の米国市場が株高・債券安だったことで買いは慎重で売 りが出たと説明。「EU首脳会議では欧州銀の資本増強で合意したが、 今後の政策対応に不透明感が残り、内外ともリスクオン(選好)には 至らない」とみていた。

26日の米国債相場は下落。ブリュッセルで開かれたEU首脳会議 は、ソブリン債危機を封じ込める対策の一環として、域内銀行の資本 増強で合意。これを受け、逃避先としての米国債の投資妙味が低下し た。米10年債利回りは9bp上昇の2.20%程度。一方、米株式相場は 反発。S&P500種株価指数は1.1%高の1242.00。米経済指標が市場 予想を上回ったことも好感された。

--取材協力 船曳三郎 Editors:Masaru Aoki,Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 東京 赤間信行 Nobuyuki Akama +81-3-3201-8842 akam@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE