米シマンテック:10-12月期の収益見通し、市場予想と一致

コンピューターウイルス対策ソフ トウエアメーカー最大手、米シマンテックが26日発表した10-12月 (第3四半期)の売上高と利益の見通しは、いずれもアナリストの予 想と一致した。ウイルス対策製品の需要が好調だという。

同社の発表資料によると、10-12月期の売上高は17億-17億2000 万ドル(約1300億-1310億円)を見込む。ブルームバーグのデータで は、アナリストの予想平均は17億2000万ドルだった。一部項目を除 く1株当たり利益は40-41セントの見通し。市場予想は41セント。

ロバート・W・ベアードのアナリスト、スティーブ・アシュレー 氏によると、シマンテックのエンリケ・セーレム最高経営責任者(C EO)は製品の品質改善に取り組むとともに、需要の高いセキュリテ ィーソフトの販売に力を入れている。同社はまた、主要なライバルで あるマカフィーがインテルに買収されたことからも恩恵を受ける可能 性がある。

シマンテックの7-9月(第2四半期)決算は、純利益が1億8200 万ドル(1株24セント)と、前年同期の1億3600万ドル(同17セン ト)から34%増加した。一部費用を除いた1株利益は39セントで、ア ナリスト予想と一致した。売上高は14%増の16億8000万ドル。市場 予想平均は16億7000万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE