救済基金の支援能力、11月末までに決定する可能性も-EU当局者

欧州連合(EU)首脳は欧州 金融安定ファシリティー(EFSF)の支援能力を11月末までに 決定するよう、各国財務相に要請する可能性がある。EU当局者1 人が明らかにした。

ブリュッセルで開かれるEU首脳会議(サミット)がまだ始ま っていないとして匿名を条件に語った同関係者によると、26日のE Uサミットでは先週打ち出された2種類のEFSFのレバレッジ方 法を支持する見通しだ。

同当局者は、EFSFの支援能力は第2次ギリシャ救済プログ ラムに基づく債券保有者の損失負担分とプログラムの規模に左右さ れると述べた。

同当局者によると、第2次ギリシャ救済策が完了した時点でE FSFの融資能力は2500億―2750億ユーロと推定されており、こ の水準を基にレバレッジが決定されることになる。