上海汽車集団:7-9月は27%増益、GMやVW合併事業の販売好調

中国最大の国内自動車メーカ ー、上海汽車集団(SAICモーター)の7-9月(第3四半期)決 算は、前年同期比27%の増益となった。世界最大の自動車市場であ る中国国内で、米ゼネラル・モーターズ(GM)やドイツのフォルク スワーゲン(VW)との合併事業の販売台数が伸びた。

26日の上海証券取引所への届け出によれば、7-9月の純利益 は47億元(約561億円)。前年同期は37億元だった。売上高は前 年同期比19%増の974億元だった。

中国政府による自動車購入の補助金政策が功を奏し、同国は米市 場を抜いて世界最大の自動車市場となった。補助金政策の終了後も、 SAICモーターの自動車販売数は増加。同社の陳虹社長は4月、 2015年までに年間600万台の販売を目指すと語っていた。今年度 の販売目標は400万台。

--Liza Lin. Editors: Chua Kong Ho, Frank Longid

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Liza Lin in Shanghai at +86-21-6104-3047 or llin15@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho at +81-3-3201-3882 or ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE