香港株(終了):ハンセン指数、4日続伸-中国が景気刺激策を示唆

香港株式市場で、ハンセン指数は 4営業日続伸。中国が経済成長を押し上げるための政策を検討してい ると表明したことが手掛かりとなった。

中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(914 HK)は9.4% 高と、3週間ぶりの大幅な値上がり。同社の7-9月(第3四半期) 決算は純利益が前年同期と比べ2倍余りに増加した。アルミニウム生 産で国内最大手のチャルコ(中国アルミ、2600 HK)も黒字決算が 好感され、3.9%上昇。石炭会社の中国神華能源(1088 HK)も高い。

不動産開発会社のチョンコン・ホールディングス(長江実業集団、 1 HK)とサンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産発展、16 HK)は 共に下落。バークレイズ・キャピタル・リサーチが香港のオフィス賃 貸料は今後2年間に最大40%下落する可能性があると予想したこと が響いた。

ハンセン指数は前日比98.34ポイント(0.5%)高の19066.54 で終了。この日の取引レンジは0.7%高-1.4%安だった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は同1.9%高の10050.59。

東洋証券の檜和田浩昭ストラテジストは「中国では、今までのよ うな引き締めのスタンスからある程度マイルドな方向に転換されるの ではないかという期待感が出ている」と指摘。それが「市場にとって はプラス要因になっている」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE