中国株(終了):上海総合指数、3日続伸-温首相が引き締め終了示唆

中国株式市場で、上海総合指 数は3営業日続伸。温家宝首相が政府は必要に応じて経済政策を微調 整すると言明したことを受け、中国人民銀行(中央銀行)が利上げを やめるとの観測が強まった。

不動産開発会社の万科企業(000002 CH)と保利房地産集団 (600048 CH)が高い。温首相の発言のほか、国泰君安証券が人民 銀は政策金利を引き下げる可能性があるとの見方を示したことが手掛 かり。中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(600585 CH) は7-9月(第3四半期)の利益が2倍余りに増えたことが好感され、 約2カ月ぶり高値に達した。中国工商銀行(601398 CH)や紫金礦 業(601899 CH)も高い。

上海明河投資管理のゼネラルマネジャー、張翎氏は「市場は温 首相の発言について、政策シフトを示す転換点と解釈している」と指 摘。「それが株価の押し上げ材料になるのは確実だ」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比17.81ポイント(0.7%)高の

2427.48で終了。3営業日で4.8%の値上がりとなった。上海、深 圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同1%高2651.65。

--Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Shiyin Chen

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 hnozaki1@bloomberg.net  Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net