東証1部売買代金が8日連続で1兆円割れ、7年9カ月ぶり連続記録

26日の日本株市場で、東証1部の 売買代金が8営業日連続で1兆円を割り込んだ。1兆円割れの連続記 録は、およそ7年9カ月ぶり。

26日の売買代金は概算で9221億円、17日以降の取引で1兆円を 下回っている。東京証券取引所によると、きょうの取引で2004年8月 16日から24日までの7日連続を更新。03年12月16日から04年1月 5日に記録した11日連続以来となった。