中国銀、HSBC抜き「点心債」引き受け首位に-クレジット市場

中国の李克強副首相が本土企業に 香港での低コストの資金調達を認めてから、中国銀行が英銀HSBC ホールディングスを抜き香港での人民元建て債、いわゆる「点心債」 の10月の引き受けで首位に立った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、中国銀は10月に3件 の点心債、総額27億元(約320億円)相当を扱った。全発行の31% に当たり、HSBCを上回った。年初来で1位となっているHSBC は10月のシェアは14%。中国銀が扱ったのは、中国最大の石油会社、 中国石油天然ガス集団(CNPC)の香港部門など。中国本土以外で 発行される人民元建て債は、点心債と呼ばれる。

平安証券の債券調査責任者、石磊氏は「中国企業の主力銀行がそ うした企業の点心債発行を引き受ける可能性が最も大きくなるだろう。 点心債市場は今、強い需要に支えられており、売り手市場となってい る」と述べた。

中国の李副首相は8月、本土に法人登記している銀行と事業会社 に香港で今年、最大500億元の社債発行を認めると表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE