安住財務相:介入には最適のタイミングが必要-万全の態勢を指示

安住淳財務相は26日午後の衆院 財務金融委員会で、戦後最高値の更新を続けている円高を受け、為替 介入の実施について「タイミングについてはコメントを差し控える」 と述べる一方で、「後から振り返って最適のタイミングで実施したと評 価が得られるようなタイミングが、介入については必要だ」と強調し た。自民党の西村康稔氏に対する答弁。

財務相は「市場の状況に鑑みて必要あれば断固たる措置を取る。 万全の態勢を整えておくよう指示は出している」とあらためて述べ、 債務危機に関する欧州連合(EU)首脳会議が26日に開かれることを 踏まえ、「今日は欧州における良い決断が出るものと確信している」と の認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE