タイ首相:バンコク中心部も浸水被害の恐れ-住民に備え呼び掛ける

タイのインラック首相は25日、 洪水被害が首都バンコクの中心部に迫る中、今後の大潮の影響も踏まえ て住民に浸水対策を呼び掛けた。

インラック首相は同日夜の国民演説で、最悪のシナリオとしてバン コク北方の堤防が決壊した場合、バンコクの一部地域は水位が最高1.5 メートルの浸水被害を受ける恐れがあると説明。ほとんどの地域で、水 位は50センチメートル程度に達する可能性があるとの見方を示した。

政府は25日、住民が浸水に備えるため、バンコクと北部・中部の 20県を対象に27日から5連休にすると発表。タイ中央銀行によれば、 商業銀行は営業を続け、金融市場も取引を継続する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE