タイの洪水:水田の14%が被害-世界的なコメの供給過剰が解消か

タイで発生した約50年で最悪 の洪水の影響で同国の水田の最大14%が被害を受け、予想されていた 世界的なコメの供給過剰が解消される可能性がある。タイは世界最大の コメ輸出国。

袋詰めコメ販売でタイ最大手、CPインタートレードのスメス・ラ オモラポーン社長は、世界の指標となる同国の輸出価格が12月までに 20%上昇し1トン当たり750ドルになると見込んでいる。タイ政府に よると、熱帯性暴風雨の影響により77県のうち62県が浸水し、140 万ヘクタール、最大700万トンの穀物に被害が出ている。これは、米農 務省が予想していた供給過剰分を100万トン上回る精米460万トンに 相当する。

世界の約半分の地域で主食とされているコメは、干ばつの影響で米 国の収穫高が13年ぶりの低水準に落ち込んだため、既に今年の農産物 商品市場で最も高い上昇率を示している。タイ政府が農家の所得拡大を 目指し市場価格を上回る水準で買い取りを始めたことも相場上昇につな がった。これにより、国連が集計する世界の食料価格に新たな上昇圧力 がかかっている。他の穀物の価格が下落したため、食料価格は過去最高 水準に達した2月以降、5%下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE