10月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円が対ドル最高値-欧州懸念で、一時75円74銭

25日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで戦後最高値 を更新し、他の主要通貨の大半に対しても上げた。欧州ソブリン債危 機への懸念が強まり、安全な逃避先として円に買いが入った。26日 には欧州の首脳会議が開かれる。

カナダ・ドルは米ドルに対して4日ぶりに下落。カナダ銀行(中 央銀行)が成長見通しを下方修正したことが響いた。米ドルは南アフ リカ・ランドとメキシコ・ペソに対しても上昇。米消費者信頼感指数 が低下し、米国債が上昇したことが背景にある。日銀が追加的な金融 緩和策を検討すると日本経済新聞の電子版が報じると、円は対ドルで 伸び悩んだ。

ドイツ銀行のG10為替ストラテジー世界責任者、アラン・ラ スキン氏(ニューヨーク在勤)は「市場はニュースに右往左往してい る」と指摘。「ドルは円に対して、まだじりじりと下げるだろう。欧州 問題が一段落しても、円は他の主要通貨よりも欧州から離れた通貨と 引き続き見なされ、円の支援材料となるだろう」と語った。

ニューヨーク時間午後4時4分現在、円は対ドルで前日比

0.2%上昇して1ドル=75円97銭。一時は75円74銭まで上昇 した。円は対ユーロでは0.4%上げて1ユーロ=105円55銭。ユ ーロは対ドルで0.2%下げて1ユーロ=1.3902ドル。一時は

1.3960ドルと、9月8日以来の高値を付ける場面もあった。

日経によると、日銀は金融市場の混乱が日本経済に悪影響を及ぼ しかねないと判断、27日に開く金融政策決定会合で追加的な金融緩 和策を検討する。

ニュージーランド・ドル

ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対して1.5%安の1 NZドル=79.53米セント。同国の第3四半期の消費者物価指数が

0.4%上昇と、前四半期の1%上昇から減速したことが売りを誘った。

関係者の1人が匿名で語ったところでは、民間銀行は保有するギ リシャ国債の損失をどの程度まで受け入れるかについて、欧州の指導 者らの要求に抵抗。40%の損失を受け入れる案を提示している。

一方、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長 (ルクセンブルク首相兼国庫相)は24日、ギリシャの第2次支援策 への民間セクターの関与についての協議で、50-60%の損失受け入 れを軸に話し合いが行われていると発言した。

主要10通貨が対象のブルームバーグ相関加重指数によると、ユ ーロは過去6カ月に2.4%下落。一方、ドルは2.9%、円は12%そ れぞれ上昇している。

欧州首脳会議は予定通り

26日にブリュッセルで予定されていた欧州連合(EU)の財務 相会合は中止された。ファンロンパイEU大統領のオフィスは、首脳 会議は予定通り開催されると発表した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は一時0.3%下げた後、0.1%高の76.146となった。

10月の米消費者信頼感指数は市場予想に反して落ち込み、経済 がリセッション(景気後退)に陥っていた2009年3月以来の低水準 となった。

◎米国株:反落、米経済統計の悪化に失望-UPS、3Mが安い

米株式相場ではS&P500種株価指数が反落。前日までは3日続 伸していた。経済活動の指標と見なされるUPS株が下落したほか、 経済指標が予想を下回ったことが背景にある。投資家は26日の欧州 首脳会議に注目している。

UPSは2.1%安。米国内の配送実績が伸び悩む中、国際配送 需要に減速の兆しが見え始めたことが背景にある。日用品・工業品メ ーカーの3Mは大幅安。2012年の利益予想を引き下げたことが嫌気 された。オンライン小売りのアマゾン・ドッド・コムは四半期利益が アナリスト予想を下回り、通常取引終了後の時間外取引で14%下落 している。

S&P500種株価指数は前日比2.0%安の1229.05。前日まで の3日間で同指数は3.7%上昇していた。S&P500種を構成する 主要10業種は全て下落した。金融株指数は3.1%安。ダウ工業株 30種平均は207ドル(1.7%)下げて11706.62ドル。小型株で 構成するラッセル2000指数は3%下落した。

セキュリティー・グローバル・インベスターズで230億ドルの 運用に携わるマーク・ブロンゾ氏(ニューヨーク州アービントン在勤) は電話インタビューで、「回復は緩慢なものとなる」とし、「経済統 計は市場が底入れの過程にあることを示している。UPSは世界の経 済成長に関して慎重な見方を示した。さらに市場は依然として欧州で の展開次第だ」と述べた。

リセッション以来の低水準

10月初旬に欧州首脳陣が銀行支援の手段を模索する協議に入っ たことや、米企業の好決算を受けて、S&P500種は弱気相場入り 直前で踏みとどまった。同指数は前月までは5カ月連続で下落してい た。10月に入ってからこれまでの上昇率は8.6%となっている。

この日発表された10月の米消費者信頼感指数は予想に反して大 きく低下し、米経済がリセッション(景気後退)に陥っていた2009 年3月以来の低水準となった。雇用や所得の先行きの暗さが反映され た。これを受けて株式相場は下げを拡大。一方、全米20都市を対象 にした8月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケー ス・シラー住宅価格指数も予想以上の低下となり、景気回復を妨げる 要因の一角が鮮明になった。

26日に予定されていた欧州連合(EU)財務相会合が中止され たことも、株式相場の下げ足を速めた。首脳会議(サミット)は債務 危機収束へ向けた手段で合意しないのではないかとの懸念が高まった。 26日に開催される欧州サミットでは、救済基金の強化や銀行の資本 増強、ギリシャの債務減免などが協議される。

「先が読めない」

ソラリス・グループ(ニューヨーク州ベドフォードヒルズ)のテ ィモシー・グリスキー最高投資責任者(CIO)は、「経済成長は非 常に低調なうえ、欧州の債務危機は先が読めない状況だ」と指摘した。

UPSは2.1%安の69.35ドル。同社は第3四半期の決算発表 後の電話会見で、米国向け輸出の減少に伴いアジア方面の航空輸送能 力を縮小したことを明らかにした。国際配送全体では4.6%増加し たものの、第2四半期の6.2%増には届かなかった。

3Mは6.3%安の77.04ドル。過去数四半期にわたり、同社が 「非常に堅調な成長」と呼ぶ伸びを示していたエレクトロニクス部門 の売上高が伸び悩んだ。株価は月初から前日までに14%上昇してい た。

DVDレンタルの米ネットフリックスは35%安の77.37ドルと、 04年以降で最大の下落率。アマゾンはニューヨーク時間午後4時半 現在の時間外取引で前日比14%安の195.11ドルに下落している。 7-9月(第3四半期)決算が大幅減益となったことを受けて売りが 膨らんだ。タブレット型端末「キンドル・ファイア」など新製品向け の支出増が影響した。

米先物ブローカーのMFグローバル・ホールディングスは08年 以来で最大の48%急落。7-9月期決算では過去最大の損失を記録 した。同社の信用格付けは前日、投資適格級で最も低い水準に引き下 げられた。

◎米国債:上昇、欧州サミットをめぐる不透明感で逃避需要

米国債相場は上昇。30年債利回りはここ3週間で最大の下げと なった。債務危機の打開を目指す欧州首脳会議(サミット)の行方が 不透明になってきたことから株価が下落、逃避先として米国債の妙味 が高まった。

この日実施された2年債入札(発行額350億ドル)では、需要 が過去の平均を上回った。米株式市場ではS&P500種株価指数が4 営業日ぶりに下落。欧州連合(EU)が26日に予定していた財務相 会合を中止したことで、首脳会議での危機解決が難しくなるとの見方 が広がった。

ドイツ銀行プライベート・ウェルス・マネジメント部門の債券ト レーディング責任者、ゲーリー・ポラック氏(ニューヨーク在勤)は 「市場では、欧州各国が解決に向け積極的に動かないのではとの懸念 が非常に強い」と指摘。「こうしたことから、米国債はあらゆる年限 で買われている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時 間午後5時5分現在、30年債利回りは前日比14ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)下げて3.13%。一時15bp低下と、3 日以降では最大の下げとなった。同年債(表面利率3.75%、2041 年8月償還)価格は2 7/8上げて111 30/32。

5年債利回りは11bp低下の0.99%。終値ベースでは8月以 来の大幅な下げとなった。財務省は26日に5年債入札(発行額350 億ドル)を実施する。

2年債入札

既発2年債の利回りは4bp下げて0.24%と、10月4日以来 の低水準。この日の2年債入札では、最高落札利回りは0.281%と、 入札直前の市場予想の0.288%を下回った。

投資家の需要を測る指標の応札倍率は3.64倍となった。過去 10回の平均は3.33倍。

大和証券キャピタル・マーケッツ・アメリカの債券部門責任者、 レイ・レミー氏(ニューヨーク在勤)は「入札は非常に好調だった」 とした上で、「状況は何も変わっていない。欧州ではまだ不確実な要 素が見られ、株式相場も不安定だ」と付け加えた。

間接入札

2年債入札で間接入札の落札全体に占める比率は39.2%と、 2010年10月の入札(40%)以降で最大。過去10回の入札の平均 は30.1%。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接 入札の比率は8.2%。前月は12.2%で、過去10回の入札の平均 は14.9%。

この日の2年債を含め、今週は合計990億ドル規模の国債入札 が実施される。26日は5年債(発行額350億ドル)、27日は7年 債(同290億ドル)の入札が予定されている。

EU議長国のポーランドはこの日、26日に予定されていたEU の財務相会合が中止されたと発表した。これを手掛かりに30年債利 回りは6営業日ぶりに低下した。首脳会議は予定通り開催される。

◎NY金先物:1700ドル台に上昇、欧州懸念や米インフレリスクで

ニューヨーク金先物相場は上昇。終値ではオンス当たり1700ド ルを回復し約1カ月ぶりの高値となった。欧州の債務危機対応の遅れ や米インフレ懸念の再燃で、金の買いが膨らんだ。

26日の欧州連合(EU)財務相会合は中止された。包括策に盛 り込まれる他の要素がまとまる前に銀行資本強化の問題について決定 できないためと、事情に詳しい関係者が匿名で語った。イエレン米連 邦準備制度理事会(FRB)副議長は21日、米景気浮揚に必要なら、 量的緩和第3弾が正当化されるかもしれないとの認識を示した。商品 24銘柄で構成するS&PのGSCI指数ではこの日、金と銀の上昇 が目立った。

フォックスホール・キャピタル・マネジメントのポール・ディー トリヒ最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、「債務危機 を背景に欧州がリセッション(景気後退)に陥る可能性がある一方で、 米国では成長支援に向けFRBによる緩和措置が講じられるとの一般 的な見方があるため、金は支えられている」と指摘。「インフレ圧力 になりかねない」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比2.9%高の1オンス=1700.40ドルで終了。一時 は1704.70ドルと、中心限月としては先月23日以来の高値を付け た。年初からは20%の値上がり。

◎NY原油:12週ぶり高値、WTI在庫減で強気相場入り

ニューヨーク原油先物相場は上昇。12週ぶりの高値となった。 主要な米受け渡し地点での在庫減少を背景に、原油は強気相場の領域 に押し上げられた。

原油は今年の下落分を埋めた。衛星写真に基づく分析によると、 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油の受け渡 し点であるオクラホ州クッシングの在庫は先週減少した。ロンドンの 北海ブレント原油はWTI原油に対して7月以来最低のプレミアム (上乗せ価格)で取引されている。欧州の財務相会議が中止になった と伝わると、原油は伸び悩む展開になった。

ドイツ銀行のエネルギー担当チーフエコノミスト、アダム・シミ ンスキー氏(ワシントン在勤)は「ここしばらく減少していたクッシ ングの在庫がようやく材料となり、これに基づく取引が始まった」と 指摘。「ブレント原油は依然として110ドルを上回っているため、 WTIはなお安値で取引されており一段高となる可能性があるといっ ても間違いではないだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 日比1.90ドル(2.08%)高の1バレル=93.17ドルで終了。終値 ベースで8月2日以来の高値を付けた。今月4日からは23%の値上 がり。

◎欧州株:反落、EU財務相会合中止が波紋-米信頼感指数も嫌気

25日の欧州株式相場は反落。ストックス欧州600指数は前日、 11週間ぶりの高値で引けていた。この日発表の10月の米消費者信頼 感指数が落ち込んだのを嫌気したほか、26日の欧州連合(EU)財務 相会合が中止となり、同日サミットを開く域内首脳らが債務危機解決 で苦戦するとの懸念をあおった。

欧州最大の半導体メーカー、STマイクロエレクトロニクスが大 幅安。同社がこの日示した売上高見通しは市場予想を下回った。スイ スの太陽光発電機器メーカー、マイヤー・ブルガー・テクノロジーは 13%下落。業界内の「不透明感が高い」として国内の一部門で生産 を一時停止すると発表したことが響いた。一方、決算発表が好感され た英石油会社BPやBGグループを中心にエネルギー銘柄は高い。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%安の240.29で終了。 一時0.4%値上がりする場面もあった。ドイツのメルケル首相はじ め欧州首脳らは前週末の会合に続き、26日に再びブリュッセルでサ ミットを開催し、欧州危機の包括的な解決策を話し合う。

ストアブランド・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、 エスペン・ファーネス氏(オスロ在勤)は「明日の会議からは何らか の結果が期待できると市場はかなり織り込んでいる」と述べ、「そう ではないことを示唆する不協和音や何らかの遅れがあれば、明らかに マイナスだ」と付け加えた。

この日の午後は、26日に予定されていたEU財務相会合が中止 されたと英政府が発表。これをきっかけに株式相場は下げ足を速めた。 ただ、EUおよびユーロ圏の首脳会議は予定通りブリュッセルで開か れることがその後確認され、下げ幅は幾分縮まった。

ストックス欧州600指数は週ベースでは前週末時点で4週連続 高と、昨年12月以来で最長の上昇となっていた。ギリシャをデフォ ルト(債務不履行)の瀬戸際に追い込んだ債務危機への解決策をユー ロ圏の政治家らがまとめるとの見方が背景。今年2月17日に付けた 年初来高値は18%下回っている。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が下 落した。米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した10月 の消費者信頼感指数は39.8と、前月の46.4(速報値45.4)から 低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は46だ った。10月の指数は、エコノミスト調査での最も悲観的な予想も下 回った。

STマイクロエレクトロニクスは7.4%下げ5.06ユーロで終了。 マイヤー・ブルガーの終値は20.55スイス・フラン。BPは4.4% 高の457.2ペンス、BGグループは3.8%値上がりの1378ペンス。

◎欧州債:独仏2年債上昇、危機打開策に疑問符-ギリシャ債安い

25日の欧州債市場ではドイツとフランスの2年物国債が上昇。 独2年債利回りは7週間ぶりの大幅低下となった。欧州当局者が債務 危機打開とギリシャのデフォルト(債務不履行)回避を目指した解決 策で合意できないとの観測が背景にある。

英政府が26日に予定されていたユーロ圏財務相会合の中止を発 表すると、独仏債は上げ幅を拡大した。欧州連合(EU)首脳会議 (サミット)は予定通り開催されるという。

一方、ギリシャ国債は下落し、2年債利回りはユーロ導入以後の 最高に近づいた。スペイン政府は34億8000万ユーロ相当の国債を 発行したほか、オランダ政府は20億ユーロ規模の国債入札を実施し た。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーラン ド・グリーン氏(ロンドン在勤)は、危機協議で「障害や深刻な意見 の不一致が見られた場合、周辺国の国債が打撃を受ける一方、ドイツ 国債への支援材料となるのは間違いない」と述べ、「スプレッド(利 回り格差)が拡大しており、これが明らかな方向性のようだ」と続け た。

ロンドン時間午後3時59分現在、独2年債利回りは前日比10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.56%。一時 は11bp低下し、9月2日以降で最大の下げとなった。同国債(表 面利率0.75%、2013年9月償還)価格はこの日、0.190上げ

100.360。独10年債利回りは8bp下げ2.05%。

仏2年債利回りは20bp低下し1.20%。これは8月10日以 来で最大の低下幅。フィンランド2年債利回りは10bp下げ

0.73%、オーストリアの2年債利回りは12bp低下の1.05%とな った。

ギリシャ国債

ギリシャ2年債は8営業日続落。利回りは一時289bp上昇し

81.20%に達した。これは過去最高となる84.52%を付けた先月 14日以来の高水準。ポルトガル10年債利回りは13日連続で上昇。 この日は6bp上昇し12.44%となった。一時は12.48%まで上げ、 7月20日以来の最高を記録した。

◎英国債:長期債が上昇、10年債利回り2.51%-買い入れオペ実施

25日の英国債市場では、長期債が上昇。イングランド銀行(英 中央銀行)のデータで、この日実施された資産買い取りプログラムに 基づく買い入れオペでトレーダーらが英国債売却に消極的なことが示 されたのが手掛かりとなった。

10年債利回りは3営業日ぶりに低下。中銀は応札額18億ポン ドのうち17億ポンドを購入した。応札倍率は1.06倍。この日はま た、銀行のシンジケート団が2062年に償還を迎えるインデックス連 動債45億ポンド相当を利回り0.49%で発行した。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の金利 ストラテジスト、バトサラ・ダッタ氏は応札倍率について、「これま でで最良だ」と指摘。「長期債が買い戻されたほか、シンジケート団 も長期債を発行した」とし、これが10年債と30年債への支援材料 となったと説明した。

ロンドン時間午後4時45分現在、10年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.51%、同国債 (表面利率3.75%、2021年9月償還)価格は0.46上げ

110.80。30年債利回りは9bp下げ3.41%となった。

18日実施の資産買い入れオペの応札倍率は1.39倍だった。英 中銀が6日発表した量的緩和拡大策の一環として実施された。

英中銀のキング総裁はこの日、インフレ率が中銀目標2%を下回 る「実際のリスク」があることを理由に当局者が購入目標額を引き上 げたと発言し、資産買い取りプログラムの規模拡大を弁護した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba、Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net