米FHFA住宅価格:8月は前年比4.0%下落、前月比でも下げる

米連邦住宅金融局(FHFA) によると、8月の住宅価格は前年同月比で下落し、依然として不安定 な住宅市場を反映した。

FHFAが25日発表した8月の住宅価格指数(季節調整済み) は前年同月比4.0%低下。前月比では0.1%下げた。ブルームバー グがまとめたエコノミスト14人の予想平均は前月比0.2%の上昇だ った。

地域別に見ると、コロラド州やアリゾナ州を含む地域で住宅価格 が最も下げ、前年比7.6%下落。次いでカリフォルニア州を含む地 域が6.8%と大幅に下げた。

住宅価格の下落は消費者の支出を抑制し、不動産市場への信頼感 に影を落としている。米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は前日の講 演で、住宅問題は米連邦準備制度理事会(FRB)が直面する「最も 差し迫った課題」の一つだと述べた。住宅市場の安定を図る連邦政府 は24日、条件を満たせば住宅価値の下落幅に関わらず住宅ローンの 借り換えができるよう、借り換え促進策の強化を発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE