米MFグローバル株が39%急落、格下げと過去最大の損失で売り

米先物ブローカー、MFグロ ーバル・ホールディングスは7-9月期決算で、同社として過去最大 の損失を記録した。これを受けて同社株は売り込まれ、2008年3月 以来の大幅安となった。MFホールディングスの信用格付けは前日、 投資適格級で最も低い水準に引き下げられた。

同社が25日に電子メールで発表したところでは、純損失は1億 9160万ドル(約146億円、1株当たり1.16ドル)だった。前年同 期の純損失は9430万ドル(1株当たり59セント)。ブルームバー グのデータによれば、これまでの同社最大の赤字額は09年1-3月 期の1億1170万ドルだった。事業再編や繰り延べ税金資産評価、債 務償還のコストを除く損失は1株当たり9セント。ブルームバーグが まとめたアナリスト11人の予想平均は1株当たり5セントの利益だ った。

ジョン・コーザイン最高経営責任者(CEO)の下、MFグロー バルは中堅投資銀行への転換を試みている。元上院議員でニュージャ ージー州知事の経験もあるコーザインCEOは、94-99年にかけて ゴールドマン・サックス・グループの経営幹部を務めた。MFグロー バルの株価は今年8月以降71%下落しており、先物ブローカーをウ ォール街の主力金融機関に転じようとする同CEOの戦略を市場が評 価していないことが示唆された。

マッコーリー・グループのアナリスト、エド・ディトマイア氏 (ニューヨーク在勤)は顧客向けリポートで、「MFの決算は深刻な ほど予想を下回った」とし、「近い将来、MFの業績予想を低めに調 整しなければならない公算は大きい」と解説した。同氏は調整後ベー スで1株当たり3セントの利益を予想していた。

株価急落

ニューヨーク時間午前11時45分現在、MFグローバルの株価 は前日比39.4%安の2.15ドルと、08年3月以来の下落幅となっ ている。今年1月10日時点の株価は9.21ドルだった。米金融取引 業規制機構(FINRA)の債券価格報告サービス、トレースによる と、18年8月に償還を迎える同社の転換社債(表面利率3.375%、 発行額3億2500万ドル)は額面1ドル当たり48.5セントに下落し た。

同社のこの日の発表によれば、7-9月期の純収入は前年同期比

14.3%減少して2億590万ドルだった。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、 MFグローバルの決算が目標に届かない可能性が高いほか、リスク管 理が十分ではないとの懸念を理由に同社の信用格付けを引き下げた。 ムーディーズの発表によると、MFグローバルの長期信用格付けはこ れまでの「Baa2」から引き下げ「Baa3」に指定。一段の引き 下げ方向での見直し対象とした。

ムーディーズはさらに、「足元の低金利環境や不安定な資本市場 の状況」を鑑み、MFグローバルが通期の税引き前利益目標である2 億-3億ドルを達成する見込みは低いと指摘した。