グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン指数は3営業日続伸。建設機器メーカ ー最大手、米キャタピラーの7-9月(第3四半期)決算が市場予想 を上回ったことが好感された。中国の景気見通しをめぐる楽観的観測 で、商品株は高くなった。

香港の鉄鋼メーカー、CITICパシフィック(中信泰富、 267 HK)は5.9%高。米小売会社に衣料品などを納入するリー・ア ンド・フォン(利豊、494 HK)は3.1%高。中国最大の海洋油田会 社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)や石炭会社の中国中煤能 源(1898 HK)も高い。

一方、売り上げの79%を欧州で稼ぐ衣料小売りのエスプリ・ホ ールディングス(330 HK)は3.2%安。欧州各国は26日に開く首 脳会議で、域内の債務危機を封じ込める手法について協議する。

JPモルガン・アセット・マネジメントの投資サービス担当バ イスプレジデント、グレース・タム氏(香港在勤)は「米中の景気見 通しが考えられていたほど悪くないことから、株価は反発した」と分 析。「投資家は欧州首脳会議後に何らかの解決策が発表されることを 期待している。細部の詰めが十分でない広範なパッケージにすぎない ことが判明すれば、投資家の失望を招くのは確実だろう」と付け加え た。

ハンセン指数は前日比196.38ポイント(1.1%)高の

18968.20で終了。構成46銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約 3対1。ハンセン中国企業株(H株)指数は同1.5%高の9860.98。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が続伸。2日間の上昇率が昨 年12月以来で最大となった。中国最大の不動産開発会社、万科企業 が増益決算を発表したことで、景気減速と金融引き締めが企業利益の 減少に拍車を掛けるとの懸念が和らいだ。

7-9月(第3四半期)決算が32%増益だったと発表した万科 企業(000002 CH)は2.9%高。商品価格上昇に伴い、中国最大の 産銅会社、江西銅業(600362 CH)は7カ月ぶりの大幅な値上がり。

北京北斗星通導航技術(002151 CH)など衛星ナビゲーション 関連銘柄も高い。約100万台のトラックにシステム設置が義務付け られるとの新華社通信の報道が好感された。中国工商銀行(601398 CH)や中国神華能源(601088 CH)も上昇した。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「企業収益は依然と して良好で、大幅な伸び鈍化は今のところ見られていない」と指摘、 「企業収益が最大のリスクを迎えるのは、政府の引き締め策に伴い景 気がさらに減速する可能性のある10-12月(第4四半期)だ」と述 べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比39.34ポイント(1.7%)高の

2409.67で終了。前日は2.3%高だった。2日間の上昇率は4%と、 昨年12月13日以来で最大となった。上海、深圳両証取のA株に連 動するCSI300指数は前日比1.9%高の2625.43。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のセンセックス30種指数は3カ 月ぶり高値となった。インド準備銀行(RBI、中央銀行)は2010 年初め以降で13回目の利上げに踏み切った上で、記録的な利上げサ イクルは終わりに近づきつつあることを示唆した。

スポーツ型多目的車(SUV)とトラクター生産でインド最大手 のマヒンドラ・アンド・マヒンドラは上場来最高値を付けた。国内最 大のエンジニアリング会社、ラーセン・アンド・トゥブロは4営業日 ぶりに上昇。一方、時価総額で民間銀最大手のHDFC銀行は1カ月 ぶりの大幅安となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比315.58ポイ ント(1.9%)高の17254.86で終了した。

インド中銀はこの日、政策金利のレポ金利を8.50%に設定、従 来の8.25%から引き上げた。金利発表後の声明で、12月16日の四 半期中間レビューで金利を変更する可能性は「相対的に低い」と説明 した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比27.1ポイント(0.6%)安の4227.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比9.67ポイント(0.5%)安の

1888.65。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比20.91ポイント(0.3%)高の7491.21。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比8.99ポイント(0.3%)高の2769.94。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比7.78ポイ ント(0.5%)高の1457.80。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比26.21ポイント(2.9%)高の942.55。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比3.70ポイント(0.1%)高の

3710.48。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比41.44ポイント(1%)高の

4242.52。