米20都市住宅価格:8月は前年比3.8%下落、予想以上の下げ

8月の全米20都市の住宅価 格は、前年比で予想以上に下落した。リセッション(景気後退)から の回復がもたつくなか、住宅市場に回復の兆しは見えない。

全米20都市を対象にした8月の米スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で

3.8%低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央 値は3.5%の低下だった。

ジャニー・モンゴメリー・スコット(フィラデルフィア)のチ ーフ債券ストラテジスト、ガイ・リーバス氏は、「需要と供給の不均 衡はまだ大きい」と述べ、「2012年以降も住宅価格の下落は続くだ ろう」と話した。

8月の住宅価格指数(調整前)は前月比では0.2%上昇。前月 は0.9%上昇だった。

全米20都市のうち18都市で住宅価格が前年比で下落。ミネア ポリスでは8.5%下落した。唯一の上昇はワシントンとデトロイト だった。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE