EU首脳会議の声明、ドイツはECBの債券購入への言及に反対-首相

ドイツのメルケル首相は、 26日開催の欧州連合(EU)首脳会議声明の草稿について、ド イツは欧州中央銀行(ECB)の国債購入への言及に反対だと述 べた。

同首相は25日ベルリンで記者団に「声明草稿の現在の文 面をドイツは受け入れられない」と語った。

文面はまだ作成中だが、「流通市場での追加購入をすべきだ という文言はないが、ECBの非標準的措置をさらに実施すること ができる」という内容だとメルケル首相は述べた。

「ECBが自らの行動について声明を出すことが望ましいと いう方向で動いている」とし、「政府首脳らがECBから何かを 期待しているという誤解」を避けるためだと説明した。