欧州で銀行債70兆円が来年満期、政府支援必要にも-クレジットサイツ

欧州の銀行は2012年に優先 債6550億ユーロ(約70兆円)が満期を迎えるため、債務危機によ って市場からの資金調達が難しい状態が続けば政府の支援が必要にな る可能性がある。独立系調査会社クレジットサイツが指摘した。

同社のアナリスト、サイモン・アダムソン氏は「資金調達市場の 環境が改善しなければ銀行は再び政府の保証を必要とするかもしれな い。借り換え必要額を減らすための資産圧縮を迫る圧力が増すだろう」 と指摘。発行「市場は7月以降、事実上の閉鎖状態だった。期限前に 手当てした部分はほんのわずかだろう」と述べた。

ブルームバーグのデータによれば、西欧の銀行は今年これまでに 約800億ユーロの無担保優先債を発行した。前年同期は970億ユー ロ。ソブリン債危機の悪化で銀行が損失を被る懸念が高まり、発行が 細った。

欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領は23日、銀行の資本 増強と資金調達の改善に向け協調した計画が必要だと述べた。

バークレイズ・キャピタルの指数によれば、欧州の銀行優先債の 国債に対するプレミアム(上乗せ利回り)は4日に過去最大の360 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となった。24日は 318bp。2008年9月のリーマン・ブラザーズ・ホールディングス 破綻の影響が強かった時期の最大は325bpだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE