伊ベルルスコーニ内閣:経済改革で合意できず-26日にサミット控え

イタリアのベルルスコーニ内 閣は、欧州連合(EU)首脳会議を26日に控え、成長加速と財政再 建に向けた措置で合意できていない。EUはイタリアに、危機対応の 「包括的」な措置採択と実行を求めている。

ローマでの24日夜の閣議では、ベルルスコーニ首相の主要な連 立パートナーである北部同盟が定年引き上げに反対し、決定に至らな かった。首相は会合前に財政再建への決意を強調しイタリアは債務を 履行すると言明していた。

EUの行政執行機関である欧州委員会は24日、債務規模がユー ロ圏でギリシャに次いで大きいイタリアに成長を促す措置の「迅速な 採択と厳密な実行」を呼び掛けた。ベルルスコーニ首相は26日の首 脳会議を控え構造改革で「重大な決断」をすると応じた。

首相は電子メールで配布した声明で「われわれのプライマリーバ ランス(基礎的財政収支)黒字は他の国に比べ大きい。財政収支は 2013年に均衡化するだろう」とし、「欧州第3の経済大国について 心配することは何もない」と表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE