中国:米ウォルマートが重慶市で営業を再開-豚肉誤表示で謝罪

中国の重慶市で商品の誤表 示があったとして調査を受けた小売り最大手、米ウォルマート・スト アーズは、同市にある店舗の営業を再開した。一般の豚肉を有機飼育 品だと表示した問題で、2週間の営業停止命令を受けていた。

ウォルマート・チャイナ・ハイパーマーケットのデル・スロー ンカー最高執行責任者(COO)は25日、重慶市で記者団に対し、 業務改善に向けた取り組みを強化したと説明。中国全土の管理手順を 検証する必要があると述べ、豚肉の誤表示について謝罪した。検証作 業などの経費についてはコメントしなかった。

中国事業の指揮を今月から執ることになったアジア担当最高経 営責任者(CEO)のスコット・プライス氏は、今回の不祥事で失わ れた消費者の信頼を取り戻そうと、同市の幾つかの店舗を訪問した。

ウォルマートは罰金支払いと重慶市の全店舗で営業停止を命じ られたほか、警察が従業員37人を拘束。同社が1996年に中国市 場参入してから、最も重い罰則となった。

--Michael Wei and Stephanie Wong. With assistance from Gregory Turk in Shanghai. Editors: Dave McCombs, Suresh Seshadri.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦 Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Wei in Shanghai at +86-21-6104-3044 or mwei13@bloomberg.net; Stephanie Wong in Shanghai at +86-21-6104-3042 swong139@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Frank Longid at +852-2977-6643 or flongid@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE