花王:M&Aの対象は欧米のビューティケア関連-「一番可能性ある」

日用品国内最大手、花王の尾崎元規 社長は25日、企業のM&A(企業の買収、合併)について「現状で対象 の欧米、日本、中国と見ていくと一番可能性があるのは欧米のビューテ ィケアが中心になるだろうと思っている」と述べた。また、米家庭用洗 剤メーカー、クロロックスの買収の問題に関しては、「個別についてコ メントを控えさせていただく」と述べるにとどめた。同社の買収問題に ついては、米紙ニューヨーク・ポストが8月31日、花王と独ヘンケル が、一時関心を示していたと報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE