SMBC日興証:7-9期の純利益67億円-トレーディングが下支え

三井住友フィナンシャルグループ傘 下のSMBC日興証券が25日に発表した第2四半期(7-9月)決算 は、純利益が前年同期比とほぼ横ばいの67億円だった。投資信託の販 売手数料が伸び悩んだが、株式委託手数料やトレーディング損益が下支 えした。4-9月期の純損益は同39%減の107億円となった。

SMBC日興が発表した決算短信などによると、7-9月期の営業 収益は前年同期比8.6%増の625億円。株式などの委託手数料が23%増 の36億円、引き受け・売り出し手数料は18%減の37億円、投信などの 募集・売り出し手数料は44%減の85億円だった。トレーディング損益 は約2倍の296億円だった。