中国とUAEの企業、銀行からの資金調達に最も積極的-アレン

今後2、3年で銀行からの資金 調達を最も多く求めるのはアラブ首長国連邦(UAE)と中国の企業 -。英法律事務所アレン・アンド・オブリーが25日、リポートを発 表した。自国市場の与信が利用できるという。

電子メールで配布されたリポートによれば、資金調達ニーズの拡 大が最も見込まれないのは英国とドイツの企業。調査対象となった企 業の半分以上が、今後5年間の資金調達でアジア太平洋市場を活用す る公算が一段と大きくなるだろうと答えた。米企業が積極的だという。 リポートはまた、中国人民元建て債の発行が2011年7-9月(第3 四半期)に初めてユーロ建て債を量で上回ったとしている。

調査は、中国とカナダ、UAE、英国、米国、オランダ、ロシア、 シンガポール、イタリア、日本など各国で業種全般にわたり7月4日 から8月26日まで実施された50以上のインタビューを基にしている。