「ウォール街を占拠せよ」デモ、地元商店に波紋-売上高や雇用脅かす

所得の不平等や失業の改善を求 め、大手銀行に対しても抗議行動を展開している「ウォール街を占拠せ よ」デモをめぐって思わぬ波紋が広がっている。警察のバリケードによ って、買い物客の来店が阻止され近隣の商店が打撃を受けている。

ニューヨーク証券取引所から1ブロック未満のウォール街にあるミ ルク・ストリート・カフェのマーク・エプスタイン社長(53)は「この 状態が早く収まってくれなければ商売が駄目になる」と語る。

エプスタイン氏によると、先月のスト開始以降、売上高は約20% 落ち込み、6月のカフェ開店に伴う103人の雇用もリスクにさらされて いる。ウォール街にある宝飾店ブティック・トゥールビヨンのゼネラル マネジャー、キャロライン・アンダーソン氏は、客足が約20%減った と話す。ブロードストリートにあるボビー・バンズ・ステーキハウスの マネジングパートナー、ビンセント・アレッシー氏は、昼食の売り上げ が半減したと嘆く。

「ウォール街を占拠せよ」をスローガンにニューヨークで9月17 日に始まったデモは4大陸に拡大。ロンドンやローマ、シカゴ、シドニ ーではデモ隊が公共の場所でテントを構えている。警察当局は計数百人 を逮捕。当局による警備が観光地へのアクセスを妨げ、ビジネスにも打 撃を及ぼしている可能性がある。

エプスタイン氏は「デモ参加者は自分たちの行動の結果を理解して いない。太鼓を打ち鳴らしていて、誰が雇用を生み出してくれるだろう か」と指摘する。

ウォール街の金融機関は今月、決算を発表したが、金融業界の幹部 らはデモの事業への影響についてはほとんど、あるいは全く触れなかっ た。バンク・オブ・アメリカ(BOA)やJPモルガン・チェース、シ ティグループなどの企業のニューヨークの拠点となるオフィスは、デモ の中心地のマンハッタン南部にあるズコッティ公園から約3マイル(約

4.8キロメートル)離れたミッドタウンにある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE