英RBSや米エーオン、一部部門が香港中心部から脱出へ-賃料高騰

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ス コットランド・グループ(RBS)や保険ブローカー世界最大手の米 エーオンなどのグローバル金融機関は、一部部門を香港中心部のビジ ネス街から他地域に移転させる計画だ。賃貸物件不足で世界で最も高 い香港のオフィス賃料がさらに跳ね上がっているからだ。

RBSは香港中心部「AIAセントラル」ビルの2つのフロア(床 面積計2万6000平方フィート=約2415平方メートル余)を引き払い、 一部の人員を香港東部の複合ビル「タイクープレイス」に移す。広報 担当のリサ・アービン氏が明らかにした。一方、事情に詳しい関係者 3人によれば、エーオンは部門全体を中心部から銅鑼湾(コーズウェ イベイ)エリアに移転させるという。

米商業用不動産ブローカーのシービー・リチャードエリス・グル ープによれば、金融サービス会社が進出する一方で、2007-10年に新 たなオフィス供給が途絶えたため、香港中心部の高級オフィスの9月 の空き室率は2年前から1.5ポイント低下し、4.25%になった。中心 部の1カ月の平均賃貸料が1平方フィート(約0.093平方メートル) 当たり約120香港ドル(約1180円)であるのに対し、電車で15分ほ どの距離にある東部の「アイランド・イースト」エリアは約45香港ド ル(約440円)だという。

リチャードエリスの香港調査責任者、エドワード・ファレリー氏 は「銀行は従業員一人一人について、中心部にいる必要があるかどう か見直している」と述べ、「これら銀行の一部は中心部の事業スペース を縮小する可能性がある」と指摘した。

高い賃貸料が原因となり、すでに一部の銀行に加え、法律事務所 や会計事務所などの専門サービス会社が中心部から比較的安くスペー スを借りられる地域へと移転した。会計事務所のKPMGは6月、銅 鑼湾のビルが完成する来年に中心部のオフィスで働く従業員のうち 「かなりの割合」を移すと発表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE