対中投資の収益性低下か、中国経済の「燃費」悪化-ブラックロック

中国経済の融資依存度はここ10 年間で倍近くになり、これが今後の成長鈍化につながり、投資家のリ ターン(投資収益率)を小さくする-。世界最大の資産運用会社、米 ブラックロックはこう指摘する。

同社傘下でロンドンに拠点を置くブラックロック・インベストメ ント・インスティチュートのアナリストらによれば、中国の国内総生 産(GDP)はこの先数年、年7-8%増となる見込み。過去10年は

10.5%成長だった。1元(約12円)相当のGDPは今、約0.30元の 融資を必要としている。02年に必要だった融資は0.17元だったとい う。ブラックロックはこれを「燃費」が悪くなった車に例えている。

欧米への輸出需要見通しが弱まる中、温家宝首相は一部の融資規 制を緩和することを今月決めたが、このこと自体が世界2位の経済大 国となった中国が融資に大きく依存していることを浮き彫りにしてい る。

中国の銀行監督当局は24日、インフレを抑えるための貸し出し抑 制策で大きな打撃を受けた中小企業向け融資については、高めの不良 債権比率を容認することを明らかにした。

ブラックロックのアジア信用部門責任者、ニーラジ・セス氏(シ ンガポール在勤)は電話インタビューで、「投資対象として中国はもう けが少なくなっている。成長には投入量を一段と拡大することが求め られている」と述べた。

ブラックロックは7月のリポートで、中国では企業や一般世帯、 政府がGDPを生み出すためより集中的な資金調達を必要としている が、全体の融資の伸びは鈍化すると指摘した。セス氏は今月21日、こ うした見方が引き続き有効であることを確認しつつも、ブラックロッ クの投資戦略や中国でリターンが低下した資産が何かなどについては コメントしなかった。

--Kevin Hamlin. Editors: Chris Anstey, Nerys Avery

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Kevin Hamlin in Beijing on +86-10-6649-7573 or khamlin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey in Tokyo at +81-(0)3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net