米ネットフリックス株が下落-9月末時点の契約者数が予想以上に減少

ビデオレンタルを手掛ける米ネ ットフリックスは、7-9月(第3四半期)の契約者数が9月時点で の予想を上回る減少となり、値上げを背景に今後も解約が続くと見込 んでいる。株価は時間外取引で27%下落した。

ネットフリックスがウェブサイトに掲載した発表資料によると、 国内契約者数は6月末時点の2460万人から9月末には2380万人と、 同社の予想を上回る減少となった。10-12月(第4四半期)の契約者 数も、アナリスト予想の2490万人に届かないとみられる。

これは、値上げに加え、映画をインターネット配信するストリー ミング事業とDVDレンタル事業の分離計画を撤回したことに対する 契約者の反発を抑え切れなかったことを示すものだ。

契約者数の発表を受けて、ネットフリックスの株価は時間外取引 で27%安の87ドルに下落。ブルームバーグのデータによれば、同社 の時価総額は、終値ベースで最高値の298.73ドルを付けた7月13日 から100億ドル以上減少している。

-- Editors: Rob Golum, Anthony Palazzo

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Cliff Edwards in San Francisco at +1-415-617-7074 or cedwards28@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Anthony Palazzo at +1-323-782-4228 or apalazzo@bloomberg.net