債券反発、国内株安や円じり高で午後買い優勢-超長期債が堅調推移

債券相場は反発。前日の米国債相 場の下落を受けて朝方は売りが優勢だったが、為替市場での円高継続 や国内株価の下落が支えとなった。

大和住銀投信投資顧問の伊藤一弥国内債券運用第2グループリー ダーは、朝方は海外市場動向を受けて弱含みだったものの、国内株安 のほか、予想していたほどに売られなかったと指摘し、「追随売りが出 なかったことから徐々に底堅い展開となった」と話した。

東京先物市場で中心限月12月物は前日比横ばいの142円21銭で 取引を開始し、直後に3銭安まで下落。その後は、円相場のじり高や 株価の失速を背景に上昇に転じた。引け間際には買いが膨らみ、12銭 高まで上げ幅を拡大。結局は9銭高の142円30銭で取引を終えた。

一方、日経平均株価は朝高後、下げに転換。0.9%安の8762円31 銭で引けた。TOPIXの終値は1%安の747.70。円・ドル相場は一 時1ドル=76円04銭に上昇した。21日に付けた戦後最高値75円82 銭に近づいた。

現物債市場で、長期金利の指標とされる新発10年物の318回債利 回りは取引開始から前日比横ばいの1.02%で推移していたが、午後3 時過ぎに0.5ベーシスポイント(bp)低い1.015%に低下。5年物の99 回債利回りも0.37%と0.5bp低下。前日に1.775%と新発20年債で約 1カ月半ぶりの水準に上昇した20年物の130回債利回りも0.5bp低い

1.76%。30年物の35回債利回りは1bp低い1.965%で取引された。

フラット化

クレディ・スイス証券の海老原慎司債券ストラテジストは「国内 株価が下げたので、債券相場は小じっかりとなった」と指摘。超長期 債が買われ、利回り曲線はブルフラット(平たん)化したと説明した。

24日の米国債市場では中期債を中心に下落。入札に向けた売りの ほか、米株式相場の続伸が手掛かり。米財務省は今週、3日間にわた り計990億ドルの入札を実施する。米5年債利回りは前週末比2bp上 昇の1.09%程度。S&P500種株価指数は1.3%高い1254.19。

26日のEU首脳会議では、包括的な危機解決策として1兆ユーロ 超への欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の融資能力引き上げ とギリシャ債のヘアカット率が最優先議題。みずほインベスターズ証 券の井上明彦チーフストラテジストは、23日の会議では「欧州銀行の 大幅資本増強は大筋で合意されたが、EFSFの拡充についてはその 規模やスキームに対する不透明感が残る」と言う。

DIAMアセットマネジメントの山崎信人エグゼクティブファン ドマネジャーは、「EU首脳会議後が押し目買いの好機だとみている。 追加会議でこれまでの報道以上の対策が出てくる公算は小さく、欧州 中央銀行による関与なしでEFSFの機能拡充に関するサプライズは 期待薄だ。米国など海外株価がどのくらい織り込んでいるかは不透明 だが、対策発表後に株価が一段と上昇する展開は望めない」と分析。

日本銀行は27日に金融政策決定会合を開催する。ブルームバーグ が有力日銀ウオッチャー13人を対象にした調査では現状維持が大勢。 ただ、急激な円高など市場で大きな混乱が起こった場合、追加緩和の 可能性があるとの見方もある。

2年債入札、消化に不安なしとの声

あす26日に2年利付国債(11月発行)の入札が実施される。入 札前取引では0.15%程度で推移しており、表面利率(クーポン)は前 回債と同じ0.1%か、0.1ポイント高い0.2%が予想されている。発行 額は前回債と同額の2兆6000億円程度。

2年債の入札1回当たり発行額は、財務省が前週発表した今年度 第3次補正予算の編成に伴う、国債発行計画の変更で、12月分から 1000億円多い2兆7000億円に増額される。

ただ、今回の入札に対する警戒感は出ていない。三菱UFJモル ガン・スタンレー証券の稲留克俊債券ストラテジストは、12月から 1000億円増発されるが、日銀の資産買い入れ等基金によるオペが2年 債の需給を支援して「需給が緩む懸念はない」と指摘。入札について は、「日銀の強力な緩和姿勢を背景に、投資家の運用資金がキャッシュ 潰しの目的で2年債にも流入しているこれまでの構造に変化はない」 として、消化に不安はないと予想する。

--取材協力:池田祐美、赤間信行 Editors: Hidenori Yamanaka,Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 野澤茂樹 Shigeki Nozawa +81-3-3201-3867 snozawa1@bloomberg.net 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net