NY原油時間外:3日続伸-在庫減観測と欧州債務危機対策を好感

ニューヨーク原油先物相場は25 日の時間外取引で3営業日続伸。米原油在庫の減少観測と欧州債務危機 対策で燃料需要が増えるとの見方が強まった。

原油先物相場は一時、0.5%上昇した。前日の通常取引は4.4%上 昇し約12週間ぶりの高値を付けた。デジタルグローブがまとめたデー タによると、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)の 受け渡し地点であるオクラホマ州クッシングの在庫は先週、76万バレ ル減少し2810万バレルとなった。ユーロ圏首脳会議は26日に債務危 機解決の包括策で合意する可能性がある。

原油先物12月限は、シドニー時間午前9時45分(日本時間同 7時45分)現在、44セント高の1バレル当たり91.71ドルで推移し ている。前日の通常取引は3.87ドル高の91.27ドルで引けた。終値 としては8月3日以来の高値。年初来では0.2%上昇。