米住宅ローン保証会社の社債保証コスト、上昇-CDS

24日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場では、住宅ローン保証会社のMGICイ ンベストメントとラディアン・グループの社債保証コストが上昇した。 同業の米PMIグループの1部門が監督当局の管理下に置かれたこと が悪材料となった。

CMAによれば、ニューヨーク時間午後5時(日本時間25日午 前6時)現在、住宅ローン保証で米最大手MGICのCDSスプレッ ドは4.4ポイント上昇の35.2%。一時は過去最高の40%まで上昇し た。同業で米2位のラディアンのCDSスプレッドは2.6ポイント上 昇し41.3%。

マークイット・グループによると、ニューヨーク時間午後4時 53分現在、北米企業の信用リスクの指標であるマークイットCDX 北米投資適格指数のスプレッドは、5.4ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)低下の125.9bp。9月16日以来の低水準となって いる。