ダドリーNY連銀総裁:政策効果の向上には刺激策の障害取り除く必要

ニューヨーク連銀のダドリー総裁 は24日、刺激策の障害を取り除くことが、米連邦準備制度理事会(F RB)の過去最大の金融緩和をさらに効果的にするのに寄与するとの 見解を示した。

ダドリー総裁はニューヨーク市ブロンクス地区の商業会議所で講 演後の質疑応答で、「金融政策をより効果的にするためには」、金融刺 激策の浸透の「妨げとなるもの」を除去することが「大いに役立つ」 だろうと述べた。具体的な例としては、FRBの政策が住宅ローン金 利の引き下げを後押ししているにもかかわらず、一部の借り手は借り 換えが難しい状況を挙げた。

同総裁はまた、FRBの選択肢は「コスト」を伴うが、「手段が尽 きたとはみていない」と発言。金利を低水準に維持するコミットメン トの延長や新たな量的緩和の着手も可能だとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE