独VWが一気に首位浮上か-トヨタとGM抜いて自動車販売最大手に

ドイツのフォルクスワーゲン (VW)は今年、トヨタ自動車とゼネラル・モーターズ(GM)を抜 き世界最大の自動車メーカーとなる可能性が出てきた。新興市場での 好調が追い風となっている。

ブルームバーグがアナリスト3人を対象とした調査の平均によれ ば、2010年に3位だったVWの今年の販売台数は前年比13%増の 810万台が見込まれている。GMは約8%増の755万台、トヨタは 9%減らし727万台となる見通し。

調査会社JDパワーズの試算によると、VWの中国販売台数は 20%近く増え、インドでは2倍余り増加する見込み。トヨタは東日 本大震災のため数カ月にわたり生産に影響が出たほか、タイで発生し た洪水のため同国にある工場の操業を停止した。

IHSオートモーティブによると、来年についてはトヨタがVW から首位の座を取り戻す公算だ。震災の影響からの立ち直りで、販売 台数は840万台と、VWを50万台上回るとみられている。これに 対し、JDパワーズはVWがトヨタを約5万台上回り、首位を維持す ると予想している。

自動車メーカーは先進国で売り上げが伸び悩む中、新興市場国の 成長の波に乗ろうと注力している。国際通貨基金(IMF)が先月公 表した見通しによると、世界2位の経済大国である中国の今年の成長 率は9.5%と、米国やユーロ圏の6倍のペースが見込まれている。 中国は既に世界最大の自動車市場で、2010年の販売台数は1800万 台を突破した。

--Liza Lin, Anna Mukai. With assistance from Andreas Cremer in Berlin. Editors: Young-Sam Cho, Chad Thomas

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Liza Lin in Shanghai at +86-21-6104-3047 or llin15@bloomberg.net; Anna Mukai in Tokyo at +81-3-3201-2083 or amukai1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho at +81-3-3201-3882 or ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE