駐シリア米大使、国外へ退避-「身の安全に確度の高い脅威」と判断

米国のフォード駐シリア大使 は、「身の安全に対する確度の高い脅威」を理由にシリア国外へ退避 した。ダマスカスの米大使館からマホニー首席公使が電話で明らか にした。

首席公使は「国営メディアの扇動」を根拠に警戒レベルを決定し たとし、フォード大使がシリアへ戻る時期については「安全性に関す る現場の判断」次第だと述べた。

シリアのアサド大統領は過去7カ月にわたり反政府デモの抑制に 武力を行使しており、フォード大使は大統領を非難してきた。同大使 は先月ダマスカスの反体制派の弁護士を訪問した際、政府支持派の群 衆に襲撃され、群衆は大使が乗っていた車にコンクリート片を投げ鉄 棒で襲いかかるなどしたという。

今年に入り広がった中東各地の抗議運動でエジプトやチュニジア の長期独裁政権が崩壊。シリアでも3月中旬以降、アサド大統領の統 治に対する抗議運動が巻き起こっている。

フォード大使は今年1月にダマスカスに着任。レバノンのハリリ 元首相暗殺にシリアが関与していたとの疑惑を受け、2005年2月に ブッシュ前大統領が同国から大使を召還して以来、フォード大使の着 任まで駐シリア大使不在が6年続いていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE