トヨタ:24-28日の日本の車両工場で稼働時間調整-タイ洪水の影響

トヨタ自動車は、洪水被害が広がっ ているタイからの部品調達に影響が予想されるため、日本の主力4車両 工場で24-28日の稼働時間を調整する。東日本大震災の影響による減産 分の挽回のため、9月から大幅な増産体制で残業を実施しているが、こ の一部を取りやめて定時稼働にする。ダイハツ工業や日野自動車などト ヨタグループ7社の車両・車体生産にも影響が及ぶ可能性がある。国内 の影響は6000台の見込み。主力4工場ではプリウスなどのハイブリッド 車も生産している。広報担当の富田あみこ氏が電話取材に明らかにし た。