スイスの銀行:米側に和解金支払いへ、顧客名引き渡しも-関係者

スイスの銀行は、海外銀行口 座を使った脱税を米当局が調査している問題で、米国側に巨額の和解 金を支払い、秘密口座を保有している米国人の顧客名を引き渡す可能 性が高い。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。

米内国歳入庁(IRS)に対する顧客の資産隠しを手助けした とされるクレディ・スイス・グループなど11金融機関への調査をめ ぐり、米国、スイス両国当局者は和解に関する交渉を完了しつつある。 極秘情報だとして交渉に詳しい5人の関係者が匿名を条件に語った。

関係者によれば、スイス側は守秘性の高さというスイス銀行業 界の伝統を守りたい一方で、米当局による調査の打ち切りを望んでい る。米国側は税逃れをした米国人のデータを求めており、そのような 顧客の手助けをやめる確約をスイスの銀行側から得たいという。

米キャプリン・アンド・ドライスデール・チャータード(ワシ ントン)のH・デービッド・ローゼンブルーム弁護士(税制担当)は 「スイス側は支払いに応じることでこの問題から抜け出したいのだろ う。米国にとって、金は主要な問題ではない。納税者に対する法律の 公平な適用を確実にすることが問題だ」と述べた。

事情に詳しい関係者の1人が述べたところによれば、スイス政 府は11月10日の上院外務委員会向けに最終合意の概要をまとめた い考え。和解金を支払う銀行の数は、犯罪捜査の対象となっている 11行を超える可能性もあるという。