今日の国内市況:株式は反発、債券続落-円戻し76円前半、欧州注視

東京株式相場は3営業日ぶりに 反発。欧州債務問題をめぐる首脳会談が銀行支援などでおおむね合意し たほか、米国企業決算の堅調や中国の景気指標の改善が好感された。東 証1部売買代金上位ではファナックやTDK、コマツといった時価総額 上位の輸出関連株を中心に、非鉄金属や商社など資源関連株も高い。ゴ ム製品は、東証1部33業種の上昇率首位。

TOPIXの終値は前週末比11.23ポイント(1.5%)高の

755.44、日経平均株価は165円9銭(1.9%)高の8843円98銭。

シカゴ先物市場(CME)の円建て日経平均先物12月物の21日 清算値は、大阪証券取引所の通常取引終値に比べ65円高の8745円だ ったが、前週末に対ドルで戦後最高値を更新した円高の勢いが一服した ことも好感され、日経平均は午前からCME清算値を大きく上回って推 移。中国の経済指標を受け、アジア株が騰勢を強めた午後には一段高の 動きとなった。

欧州首脳らは23日、債務危機の影響を受ける銀行を支援する方法 でおおむね合意。救済基金の実質拡大の方法では、欧州中央銀行(EC B)に依存しないことで同意し、ギリシャ発の危機解決の包括案に向け 前進した。26日には、欧州連合(EU)27カ国の首脳会議の後に、ユ ーロ圏17カ国の首脳が会談する予定だ。

欧州首脳会談では、救済基金拡充に向けたECBのバランスシート 活用を否定したほか、包括的な危機解決の設計図は26日の次回サミッ トまで持ち越しとなった。きょうの為替市場では、株式市場の取引開始 以降にユーロが対ドルや対円で強含んだ。

また、先週末の米国ではファストフード大手のマクドナルド、航空 機部品などを製造するハネウェル・インターナショナルの株価が堅調な 決算が好感される格好で大幅高。さらに、英HSBCホールディングス とマークイット・エコノミクスが24日に発表した中国の10月のHS BC中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は51.1と、5カ月ぶ りの高水準を記録した。

東証1部33業種では鉱業や卸売、非鉄金属、石油・石炭製品など 資源関連の上げが目立った。先週末のニューヨーク原油先物12月限は

1.6%高の1バレル=87.40ドルとなり、銅や金も上昇。このほか、上 昇率首位となったゴム製品では、中期計画が評価されたブリヂストンが 大幅高となり、同指数を構成する11銘柄中10銘柄が高かった。

もっとも、東証1部の売買代金は概算で8451億円と、前週までの 10月月間平均の1兆281億円に遠く及ばなかった。売買高は同13億 3938万株。値上がり銘柄数は1283、値下がりは274だった。

長期金利は1.02%に上昇

債券相場は続落。外為市場の円高地合いなどを受けて買いが先行し たが、前週末の米国市場で欧州債務危機の解決策をめぐる当局者の合意 観測などを背景に、株高・債券安となったことが重しとなり、売りが優 勢となった。

東京先物市場で中心限月12月物は、前週末比3銭高の142円34 銭で始まった後、いったん4銭高の142円35銭の日中高値をつけた。 しかしその後は、日経平均株価が上げ幅を拡大したことを受けて、徐々 に売りが優勢となり、10銭安の142円21銭まで下落し、日中安値で 引けた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の318回債利 回りは前週末比横ばいの1.005%で始まった後、徐々に水準を切り上 げ、一時は1.5ベーシスポイント(bp)高い1.02%に上昇し、20日 以来の高水準を付けた。その後は1.015-1.02%のレンジで推移して いる。

21日の米国債相場は続落。欧州債務危機の解決は近いとの楽観的 な見方が広がり、米株式相場は上昇した一方、安全資産としての米国債 の需要が後退した。米10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp) 高い2.22%程度。S&P500種株価指数は1.9%高の1238.25。終値 ベースでは8月3日以来の高水準。

欧州各国は23日のEUサミットで、債務危機の影響を受ける銀行 への支援策で大筋合意した。また、ギリシャ債務の強制的な再編策は実 施せず、あくまでもギリシャの財政再建を支援するための債券保有者の 自発的な負担受け入れを目指す方針を示した。危機解決の包括策合意は 26日の次回サミットまで持ち越された。

一方、21日のニューヨーク外国為替市場では円が一時、1ドル= 75円82銭を付け、戦後最高値を更新。週明け24日の東京市場も76 円台前半で推移している。日本銀行の金融政策決定会合を27日に控え て、為替市場の動向次第では追加緩和観測が広がる場面もあるとの見方 も出ており、債券相場の下支えとなった。

円は介入警戒もじり高

東京外国為替市場では円が対ドルで底堅く推移した。前週末の戦後 最高値更新を受け、為替介入への警戒感から円売りが強まる場面も見ら れたが、堅調な株価を背景に逃避先通貨であるドルに売り圧力がかかる なか、ドル・円も1ドル=76円前半でドル安・円高傾向が続いた。

午後4時21分現在のドル・円相場は76円24銭前後。前週末には 一時、75円82銭まで円が急伸し、8月19日に付けた戦後最高値(75 円95銭)を塗り替えた。

一方、欧州で債務危機の封じ込めに向けた調整が大詰めを迎えるな か、午後にかけてはユーロ買いが加速し、対ドルで一時、9月8日以来 の高値となる1ユーロ=1.3954ドルを付けた。

安住淳財務相は24日午前、前週末の外国為替市場で円が戦後最高 値を更新したことを受け、円高が「あまり行き過ぎれば断固たる措置を 取らなければならない。事務方にはどういうことでも対応できるよう準 備を指示した」と述べ、為替介入も辞さない考えを明らかにした。財務 相発言を受け、朝方には円売りが一時的に強まり、ドル・円は76円 20銭付近から76円49銭まで円安に振れる場面が見られた。

欧州各国は23日開いた首脳会議で、債務危機の影響を受ける銀行 の支援策で大筋合意した。救済基金の実質拡充策をめぐっては欧州中央 銀行(ECB)に依存しないことで一致。ギリシャ発の債務危機解決の 包括策に向けて前進した。

危機解決の包括策合意は26日の次回サミットまで持ち越された。 同日は23日同様、EU27カ国の首脳会議後にユーロ圏17カ国の首脳 会議が開かれる予定。

ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.38ドル後半から一時1.3829ド ルまでユーロ売りが先行したが、その後切り返し、午後には1.3900ド ル台を回復した。ユーロ・円相場も1ユーロ=105円40銭付近から一 時106円47銭までユーロ高・円安が進行。3営業日ぶりユーロ高値を 付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE