欧州ソブリン債と金融債の保証コストが上昇、危機打開策待ち-CDS

24日のクレジット・デフォ ルト・スワップ(CDS)市場では、欧州のソブリン債と金融債を保 証するコストが上昇した。域内債務危機への打開策をめぐる欧州首脳 間の協議は決着に至っていない。

JPモルガン・チェースによると、欧州の銀行・保険25社の 優先債に連動するマークイットiTraxx金融指数はロンドン時間 午前10時(日本時間午後6時)現在、5ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の242bp。

西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドから成るマークイット iTraxx・SovX西欧指数は3bp上げ327bp。

みずほインターナショナル(ロンドン)の信用ストラテジスト、 アンケ・リヒター氏はリポートで「週末に驚くような解決策がまとま ることには懐疑的だった」とし、「26日まで様子見となることから、 取引は控えめとなる見通しだ」と付け加えた。

主に高リスク・高利回りの50銘柄で構成するマークイットiT raxxクロスオーバー指数のスプレッドは7bp低下の721bp。 投資適格級の欧州企業125社で構成するマークイットiTraxx 欧州指数のスプレッドは0.75bp下げ175.5bpとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE