アジア株:上昇-日中の経済指標と欧州危機解決への期待で

24日のアジア株式相場は上昇し、 指標のMSCIアジア太平洋指数は約2週間ぶりの大幅高となった。 日中の経済指標で世界経済の成長の兆しが示されたほか、欧州首脳ら が債務危機を封じ込める取り組みでわずかに前進したことが寄与した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時2分現在、前週末 比2.7%高。このままいけば終値は今月6日以来の大幅高となりそう だ。同指数構成銘柄の騰落比率は、上昇約10に対して下落が1。日 経平均株価の終値は同165円9銭(1.9%)高の8843円98銭。

香港市場では中国海洋石油(CNOOC)、シドニー市場では英・ オーストラリア系のリオ・ティントといった資源株が高い。韓国のエ ンジニアリング最大手、サムスン・エンジニアリングはソウル市場で

6.3%上昇。7-9月(第3四半期)の営業利益が2倍余りに増えた との発表が好感された。

AMPキャピタル・インベスターズのストラテジスト、ネーダ ー・ナエイミ氏(シドニー在勤)は電話で、「9月に市場が混乱した 際には景気見通しがあまりにも落ち込んでいたため、短期的には景気 見通し改善の兆しなら何であれ市場にプラスの効果をもたらすだろう」 と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE